<< 新たなキャラを投下した!! | main | まだ先だと思ってましたが来月なんですね!? >>

過ぎ去った日々の感傷は、きっと宝なんだわ

0
    『桜ノ雨』を読みきりました!!
    通勤途中にちまちま読んでいたんですが、いけません…地下鉄の中で泣きそうになってしまいました;


    一応ネタバレするので次ページへ!!
    以下、『桜ノ雨』ネタバレ!!








    前にも描きましたが、これはボカロ曲『桜ノ雨』を小説化した作品です。舞台は音浜高校の合唱部。
    プロローグとエピローグ、そして春夏秋冬のお話に分かれ、それぞれ鈴ちゃん、蓮くん、未来ちゃん、瑠華様の四人の視点で描かれていました。
    鈴ちゃんはお母さんに置いていかれた過去と向き直して、蓮くんは鈴ちゃんの合唱に対する真摯さに感銘を受け、未来ちゃんは合唱部の次期部長としてまた人としての成長を、そして瑠華様は見えない未来を手探りで進む決意を。
    思春期特有の悩みや将来の不安、自分よりもずっと先に行ってしまっている先輩や同学年を見て焦ったり、上手くいかず悩んだり、友情と恋愛の間で揺れたり、合唱部として力不足を痛感したり、訪れる別れに涙したり、高校生の儚さが凄く見てとれました。いい話だった…!!


    ってか、桜ノ雨の歌詞を見ただけで涙ヤバイ


    初めて聴いた時は全然だったのに、やはり涙腺緩んだなぁ…。雪乃も卒業の合唱で泣いたことを思い出しました。もうあの感傷はきっと味わえないんだろうけれど、あの時の気持ちを呼び起こしてくれた一冊です。
    続編も楽しみ…♪読むぞ!!

    スポンサーサイト

    0
      • 2017.10.20 Friday
      • -
      • 23:11
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする









      calendar
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      293031    
      << October 2017 >>
      PR
      selected entries
      categories
      archives
      recent comment
      links
      profile
      search this site.
      others
      mobile
      qrcode
      powered
      無料ブログ作成サービス JUGEM